Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

2回目はもう、慣れたもの?婚活パーティーが楽しくなってきた!

先日初めての婚活パーティーに参加して、失敗ばかりしてきたハナです。

でもね、失敗したってめげません!

初めてだったんだもの。

失敗なんて当たり前!

今日は、私の2回目の婚活パーティー参加のお話しです。

婚活パーティー開催地変更!ちょっぴりホーム感のある大宮へ

初めて婚活パーティーに参加する場所を、川越にしてしまったばっかりに(川越は良い街ですよ!)。

パーティー全体に、はびこるイマイチ感がぬぐえなかったので、今回は参加する婚活パーティーの開催地を変更することにしましたっ!

今回は、大宮で開催される婚活パーティーに参加してきます!

他の方はどう感じるかは分かりませんが、私にとっては大宮はちょっぴり都会感はあるものの、行きづらいところではなくて。

渋谷や新宿と言った都内は、私にはキラキラして見えて、アウェー感が半端ないんです!

なので、そんなに遊びに行ってると言うわけではないけれど、知らない訳ではなくて。

ホーム感を感じられる、ちょうど良い都会の大宮に決定しました。

都内に出た方が、素敵な人に巡り会えるのかもしれないし、たくさんの良い出会いがあるのかもしれない。

でもなんか、背伸びはしたくないなと思ってしまって。

35歳にまでなって、都内がキラキラしてるとか、なにを言ってるんだか!と呆れられてしまうかもしれないけれど。

でもなんて言うか、あんまり無理をしたくないって言うか。

背伸びし過ぎて、普段の自分とかけ離れた出会いはしたくないって言うか。

自分のテリトリーの中で、まずはゆっくり婚活したいなと思ったんです。

それでダメだったら、少しずつその範囲を広げていこうかな。

って、言い訳かなぁ。

大宮での婚活パーティー2回目へ。今回はどんな出会いがあるのかな!

2回目にして早くも、婚活パーティーに慣れてきた感覚が不思議とあります(笑)。

今回は、参加者30~40代(これは前回と同じ)だけど、開催される日時を平日の夜にしてみました。

平日の夜となると、仕事を定時で終わらせて、速攻で電車に乗らないといけないから、色々焦ることは多いんですけど。

でも、婚活パーティーがあるんだ!って言うだけで、効率良く仕事が出来たような気がしたりして。

時間がいつもより早く流れていたような気もして。

婚活パーティーが持つ力にちょっと感動(笑)。

予定通りに仕事を終わらせて、駅へダッシュ!

大宮着いたら、メイク直ししなくちゃ(汗)。

1日仕事して、メイクヨレヨレだし。

婚活パーティー用のメイクにも、ちょっと変えたいし。

あぁ。

汗もかいたから、デオドラントケアもしなくっちゃ。

時間ないな~。

急いでやらなきゃ。

電車が止まったり、遅れたりしませんようにっ。

ちなみに今日のファッションは、王道の?ワンピース!

シンプルなシャツワンピースって言うの?

そんなに頑張り過ぎてないし、くだけ過ぎてないもの。

まぁ、無難とも言うかな?

メイク直しもデオドラントケアも済ませて、ギリギリ婚活パーティーに間に合いました!

今回の婚活パーティー会場は、こじんまりとはしているものの、初めての婚活パーティー会場とは大違い!

パーティー会場内は、明る過ぎず、暗過ぎず。

並んで座って喋るタイプの席に変わりはないけど、隣とのブースの距離もほどよくあって、ちょこっとした間仕切りもあって。

そこは「会話をする場所」でした。

雰囲気良しです。

こんなことなら最初から大宮にすれば良かった~。

前回と同様に、プロフィールカードが書き終わったら、婚活パーティースタート。

今回は、参加男性が11人・参加女性8人。

一人の男性と話せる時間は10分。

たった10分で、相手がどんな人なのかを見極めるのは、正直大変!

10分て、相手によって短く感じたり、長く感じたり様々。

もっと話したいなと思える人がいたら、それが何か始まる出会いなんだろうな。

第一印象が覆された!学校の先生から垣間見れるイヤらしさ

声が優しくて、物腰が柔らかいなと、第一印象は良かったハネダさん。

職業はなんと中学の先生!

でも話していくうちに、なんて言うか、話し方とか声とか、話す内容がネットリとしてきて。

何を話しても、下ネタに持っていこうとしたり。

急に「メルアド、交換しようよ。」って言ってきたり。

いやいや、そう言うのはカップルになったらって言うのが、ルールでしょ?

学校の先生って言う聖職者だからこそ、色々と抱え込むことも多いのかしら?

なんか体や心に溜まってるイヤらしさが、ドロッと溢れてきてるみたいなところがあって、嫌だなぁ、この人。

ネットリ・ガツガツしてるって言うか。

あぁ。

ちょっと、言い過ぎちゃった…かな?

気になる職人さん。でもバツイチ・お年頃の娘さんが二人

私が気になったのは、46歳のヤマグチさん。

ヤマグチさんは、自営業で電気工事屋さん。

店舗の照明とかを取り付けたりしているんだそうです。

職人さんて言う雰囲気があって、あまり進んで会話はしてこないけれど、でも嫌な感じはしなくて。

日に焼けていて、筋肉質なのが、良い!

なぜだか職人気質の男性に惹かれてしまうなぁ。

そんなヤマグチさんはバツイチで、娘さん二人と生活中。

娘さんは、18歳と15歳。

二人ともお年頃よね。

でも、婚活パーティーに来てるってことは、娘さんもお付き合いや再婚を了解してるってことなのかな。

もし結婚したら、私は急に18歳と15歳の女の子のお母さんか!

今、そこまで考える必要はないのかな。

いや、初めて会ったとは言え、そこはしっかり考えたいな。

けっこうな難題よね!

年下・高身長の彼は幼稚園の先生。しかも園長先生だったとは!

もう一人、私が気になったのはタケウチさん。

「僕、幼稚園の先生なんですよ~!」と、ニッコニコの笑顔に惹かれちゃいました。

「しかも、園長先生なんです!」と、これまたニッコニコの笑顔で。

若くして起業して、幼稚園を経営+資格も取って、自分も保育士として、仕事をしているんですって。

タケウチさんのニッコニコのその笑顔に、子供好きなのがとっても良く表れてて。

幼稚園の方針とか経営についても話してくれて。

私よりも2つ年下だけど、本当に考え方がしっかりしていて。

「年下だからこうだろうな。」って言う思い込みって、本当に全然間違ってる。

年齢って、関係ない!

加えてタケウチさんは、身長が188㎝!

すぐ横に見える足も大きくて!

なんだか頼りになるなって思っちゃう。

身長150㎝・足のサイズ23㎝の私と比べると、タケウチさんは余計に大きく見えちゃいます。

「僕、身長が高くて。ハナさんとだと、すごく身長差があるんですけど、大丈夫ですか?気になりませんか?」って。

え?なに、これ。

脈ありって言うか、私のこと気に入ってくれてるってこと?

なんだかドキドキしちゃうな。

こんなドキドキ、久しぶりかも。

もちろん!身長差30㎝なんて大丈夫。

気になりませんとも!

どの王子様を選ぶのか。それはもう本当に、運命の別れ道

参加男性11人と話し終わったらすることは!

誰とカップルになりたいか、カップルになりたい男性の番号を書くんです。

3番目の候補まで。

私の心に居るのは、ヤマグチさんとタケウチさん。

もちろん、ハネダさんは眼中にありません!

ヤマグチさんとタケウチさん、どちらを第一候補として書くか、迷いに迷いました。

だって、お二人とも違う魅力で溢れてるんですもの!

結果から言うと、この日、私はカップル成立しました。

ヤマグチさんと。

ヤマグチさんを第一候補に、タケウチさんを第二候補として書いて提出したんです。

そしたら!見事、ヤマグチさんとカップルに。

やったー!

私は第一候補のヤマグチさんとカップルになれて嬉しいけれど。

いつも思うことがあるんです。

私は、ヤマグチさんの何番目の候補だったんだろう?って。

あなたは私の王子様?これからゆっくり距離を縮めていきたいけれど

婚活パーティー終了後、ヤマグチさんと夜ご飯を食べに行くことに。

近くの居酒屋さんで、少しお酒を飲みながら、ゆっくり話すことに。

仕事のこと、娘さんのこと、そんなに突っ込んでは聞けないけれど、当たり障りなく、一通り聞けました。

ヤマグチさんは、ベラベラと喋る感じではなくて、聞かれたことには、答えるって感じで。

でも話してて「この人、モテるだろうな。」って思っちゃった。

「自営業は、なかなか出会うきっかけがないんだよ。」って言ってたけど。

ヤマグチさんと、ゆっくりで良いから、距離を縮めていけたらいいな。

これから、たくさん会って、色々な話が出来たらいいな。

この日は、メアドを交換して、それで帰ってきました。

あの時の選択は間違っていたの?もし違う道を選んでいたら?

ヤマグチさんとは毎日、2~3通のメールはしてて。

仕事についてのメールがほとんどなんだけど。

一緒に働いている人への気遣いとか、そう言うものが垣間見れたりして「良いな。」って気持ちは高まっていて。

お家のヤマグチさんも、良いお父さんみたいで。

お家のペンキを塗り直してるとか、スイカを買って帰ってみんなで食べたとか。

なんだか日常が穏やかそうで。

会おうって話も出たんだけど、会えるかもって言っていた日に、ヤマグチさんにお仕事が入っちゃって。

急に仕事が入ることもあるし、声が掛かったら断れないし。

自営業だからこそ、土日関係なく仕事優先!なところはあるみたいで。

その後も、会おうって話しは出るものの、なかなか実現しなくて。

それはいつも、ヤマグチさんの仕事の都合がつかなくてのキャンセルで。

キャンセルが続いちゃうと「もう、いいや!」と思ったり、「本当に仕事なのかな?」と、色々なことを考えちゃって。

もしかしたら、娘さん達に何か言われちゃった?とか。

会って話したのは、婚活パーティーの帰り1回だけで。

それだけじゃ、まだまだ何も分からないし、ヤマグチさんのことを色々知りたいよ。

だからまた、会いたいと思ってるんだけどな。

「ごめん。仕事忙しくて。」って言われちゃったら、そう何度も会いたいとは言い辛いし。

「会いたい」って私が思ってるって言う気持ちは、伝わってるかな。

伝わってるといいな。

ヤマグチさんから「会おう」って言ってくれるのを待ってたら、なんだかメールが更に減ってきちゃってるような気もするし。

そしたら、ムクムクと「もしあの時、タケウチさんにしていたら?」って気持ちが出てきてしまって。

タケウチさんだったら、お休みがあったのかもとか、もっと会えているのかもとか思ってしまって。

いや、そもそも、タケウチさんが私を選んでくれていたかどうか分からないし。

何を都合の良いことを考えてるのよ、私!

「もしも」や、「たら」「れば」を考えたところで、変わることも、戻れることもないのは、重々承知!

て言うか、自分が選んだヤマグチさんじゃないの!

あ~!ヤダヤダ!

こんなこと、考えちゃう自分が嫌だ~!

でも言わせて!

あの時、タケウチさんを撰ぶべきだったの?

タケウチさんが、私の王子様だったの~?

カップル成立で、2回目の婚活パーティーは成功したはずだったのに

私の2回目の婚活パーティー。

カップル成立で、うまくいったはずなのに。

そうだよね。

婚活パーティーでカップルになったってだけで、付き合いましょう!ってなった訳ではないし。

婚活パーティーがうまくいったからって、お付き合いとかその後が保証された訳ではないんだよね。

そっか、そう言うことなのか。

婚活パーティーでカップルになったら、そのままお付き合いするものなんだと思ってたんだけど。

婚活パーティーでのカップル成立って、本当のカップルになるかどうかのスタートラインに、やっと立ったって感じなのかな。

カップルになったんだけどな。

満足感とか幸福感とか、実感できてないなぁ。

「あの時、こうしとけば良かったなぁ。」って思うことは、良くあることで。

恋愛でもそれはもちろん良くあることで。

でも婚活パーティーってそれが露骨で。

しかも、さぁ!どっち?今すぐ決めて!って突き付けられちゃうような。

婚活パーティーって奥が深いのか?難しいなぁ。