Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

7年付き合った彼氏にさよなら!ドキドキの婚活、こんにちは35歳のシンデレラ

はじめまして。はなと申します

私、はなと申します。35歳。四捨五入したら40歳です。

漠然と「したいなぁ。するんだろうな。」と思っていた結婚。長く付き合っていた彼氏もいたので「そのうち結婚するんだろうな。この人と。」と思っていました。

でも最近、結婚について改めて真剣に考えさせられる出来事がありまして。

漠然とではなく、具体的に・積極的に結婚を考えよう!と思い立ちました。

「ワタシ、婚活しよう!」と決心したんですっ!!

この歳で言うのもなんですが人見知りで。今までの彼氏は友達からの紹介か、友達から彼氏になったか。

そんな私なので「積極的に」とか、「自分から」とかは、本当は苦手なんですけど。

元々のんびり屋で、恋愛に関しては、ボーッと流れに身を任せてここまできちゃったような感じもあって。どうしたら良いのか分からない部分も正直あります。

でも、自分で動いて相手を探してみよう!結婚しよう!と、ちょっと頑張ってみようと決めたんです!

結婚、すると思ってたのに

結婚について、真剣に考えようと思った1つ目の理由は、彼氏。

カレとは、7年間付き合ってまして、ラブラブとは言わないまでも、本当に気が合って、一緒に居るのが当たり前でした。親にも紹介してたし、1年ちょっと同棲もしていたし。

「このまま、そのうち結婚するのね。」と思ってました。ちょっと前までは!

でもそのカレが…

ある日突然、カレが会社を辞めてきまして。しかも理由を聞いても、「色々あって。」と、はぐらかされるばかり。

「疲れちゃったのかな。少し休憩かな?」なんて仏心を出したのが仇となって…。

その後のカレは、ゲーム三昧の毎日を送り、私が「仕事は?」と言えば「探す。探す~。」

やっとハローワークに通い始めたかと思いきや、パチンコにも寄るように(涙)。

もうどうしようもないダメカレになっちゃったんです。

あれ?これは本当に私が知ってる彼氏?

私が何度か聞いたからか、パチンコ通いも少し落ち着いて。会社の面接も受け始めたカレ。

でもそう簡単に上手くはいかず、不採用が続いていました。そんな状態が半年続いて。でもカレからは焦りは感じられず…。

そんな中、カレが「結婚しちゃおっか。」とまさかのプロポーズをしてきたんです。

私の「仕事、決まってから考えてもいいんじゃない?」にも「経済的な面はどう?貯金…ある?」にも「どうにかなるよ、たぶん。」と。

ちなみにカレは私より歳上の37歳。貯金はほぼナシ。求職中とは言え無職。

そんな状況でも「愛があれば大丈夫!」だったらプロポーズにも喜んでいたのかもしれないけれど。会社を突然辞める、でも退職理由は教えてくれない、ゲームばっかり、おまけにパチンコばっかり、人生における計画性もナシ。

長く付き合っていたのに、知らなかった・気付かなかった面ばかりを目の前に突きつけられた気がして。

「あれ?こんな人だったっけ?」とカレのことを、何にも知らなかったんだ…と、愕然としてしまって。

プロポーズされたこの時から「結婚するって、なんなんだろう?」って、真剣に考えるようになったんです。長く付き合っているから結婚するんじゃなくて、結婚したいからするなんじゃないかな?って。

結婚するって何?迷走中。勉強中

悩みに悩んで、彼とは同棲を解消。カレとは、距離と時間を置くことにしたんです。そんな私を、ガッツリ受け入れてくれたのは女友達!

最近の私と言えば、暇を見つけては女子会してます。

女子会のメンバーと言うと、43歳唯一の既婚者・なおちゃん。目下彼氏と同棲中のひろみちゃん。仕事バリバリ!キャリア・ウーマンのまゆちゃん。

既婚者のなおちゃんは、旦那さんと10年以上付き合っての結婚。何度か別れたりもしたそうで。結婚したのは「結婚するか、別れるか」の究極の選択に、二人とも「結婚」を選んだからと。

同棲中のひろみちゃんは、「結婚しないかも。」と。今の生活に満足だし、別に結婚に捕らわれずにパートナーとしていられればいいかなって。

キャリア・ウーマンのまゆちゃんは「恋愛したいけどねぇ。でも今はとにかく仕事。結婚なんて、しない・しない!」

う~ん。三者三様。誰かを参考にしてとは、いかないなぁ。

私は、これからどうしたいのかな。どうしたら良いのかな。

結婚したいのかな?
元カレともう1度、頑張る?
それとも、スッキリ・サッパリ、次の恋愛へ?

でも次の恋愛ってなると…。尻込みしちゃうな。出逢いってどうしたらいいんだっけ?誰か紹介してくれないかな?

あ~!なんだかますます、分からなくなってきた!

親友よ!お前もか!

「今日もおいしいご飯を食べるぞ!たくさん話してストレス発散♪」と、向かったこの日の女子会。

この時の私は、もはや分からな過ぎて、「恋愛する」・「結婚する」を、考えることを放棄してました。

だって考えれば考えるほど、恋愛も結婚もしたいのかどうか、自分の気持ちが分からなくて。

最終的に「あ~。なんだか面倒クサイッ。このまま一人も悪くないかな。」って思ってました。だって、好きな時に好きなことが出来て。いつでも自分のペースで、居られるんだもの!

「結婚」しないんじゃなかったの?!

女子会も中盤になって、キャリア・ウーマンのまゆちゃんが「あ、そうそう。この間、婚活パーティー行ってきてさ~。」と。

ななななにぃ!今、なんて?婚活パーティー?行ってきた←過去形?と、私はビックリ!

他のみんなは「婚活パーティー?結婚しないって言ってたまゆちゃんも、ついに気が変わったか~!」「いいじゃん、いいじゃん!で?どうだったの?」と。

まゆちゃん曰く「婚活パーティーには前から興味あって、1回行ってみたいと思ってたの。

結婚したいと思う男女が集まるなんて、どんな人が来るのか興味あるじゃん。

成果がなくても話のネタになるし。行ってみたら、色んな人と話が出来て面白かったよ。

そんなに気張った感じでもなかったし、気楽に行けたよ。一応、カップル成立してさ。メアド交換したし。

でもまた、行こうと思ってる~。なんか、色んな人と出逢えそうなんだもん。」って。

本格的な婚活を始めた訳ではなくて、「婚活って、婚活パーティーって、どんな感じ?」って言う興味から行ってみたんだって。

「へ~!そうだったの!」なんて、みんなに合わせていたけれど。なんとな~く上の空で、その後の女子会は、な~んか楽しくなくて、モヤモヤってしてたんです、本当は。

なんでこんなに心がザワザワするんだろ?

みんなと別れてからが、もう大変!電車の中でも、お風呂の中でも、ベットの中でも、考えるのは「まゆちゃんの婚活パーティー」のことばかり。

なんだろう、この感じ。心がザワザワしてグルグルして。なんとなくキューッて痛くなるようなこの感じ。

他のみんなは、まゆちゃんの婚活パーティーデビューを、喜んでたけど。

結婚しない。って言ってたのに。婚活パーティーに行っただなんて。なんだか裏切られた気分だな。ん?裏切られた?私、何考えてるの!

あっ。でも本格的な婚活じゃないって、まゆちゃんは言ってたよね!そっか、そっか。って、あれ?今度は私、なんだかホッとした?

「一人でもいいや。面倒クサイ。」と思ってたと思ってたけど。友達が婚活パーティーに行ったって聞いただけで、こんなに私、考えてる。もしかして焦ってる?妬ましく思ってる?

本当は、一人なんて嫌なんじゃん!面倒くさくなんてないんじゃん!恋愛も結婚もしたいんじゃん!

「あぁ、この人だ!」と思える人と出逢いたい。そしてずっと一緒に居たい。

そんなことを考えるのは恥ずかしいこと?いやいや、恥ずかしくなんてないでしょ!私も会いたいな「この人だ!」って思える人に。

私、シンデレラになる!

私、小さい頃からお姫様が出てくるお話が好きで。その中でも『シンデレラ』が大好きだったなぁ。『シンデレラ』の本が擦りきれる程、何度も何度も読んだっけ。

苛められても、ボロボロの身なりでも、最終的には王子様に見初められて、お姫様になる。みんな女の子なら1度は憧れるお話しなんじゃないかな。

所詮はお話しって分かってるけど、いつかこんな風に、私も王子様に見つけて欲しいなって、心のどこかで密かに願ってたりして。「お~い!私の王子様は、どこ~!」

やるな!シンデレラ!

『シンデレラ』のお話しを思い出してみると。あ~!

シンデレラは、魔法使いに助けてはもらったけど、お城の舞踏会には自分で「行きたい!」って思ったから行ったんだよね。

「行きたいな。行ってみたいな。」って思ってても、「やっぱり私、いいです。行かないです。」って思っちゃったら、どんなに周りが協力や応援をしてくれてても、何も始まらないってことよね。

王子様はシンデレラが落としていったガラスの靴から、シンデレラを探し出したけど。シンデレラが、舞踏会に行ってなければ、そもそも王子様はシンデレラを見初めてない訳だし。

自分から動かなければ、王子様には会えない。待ってるだけじゃダメよってことなんじゃない?!

それに落としちゃったガラスの靴。本当に「落としちゃった」のかしら?もしかして「わざと落とした」とか?王子様が自分を探してくれるために…。
やるじゃない!シンデレラ!

って、こんな風に読めちゃう私は考えすぎ?!純粋なラブ・ストーリーとして、読めなくなってる私は、色々なところが、曲がっちゃってるのかしら(汗)。

シンデレラは、お姉さん達から苛められても、健気で純粋だったなぁ。「人を変に羨ましがったり、人と比べて嫉妬したりすると、それはそのまま自分に返ってくる」ってことかな。

良い意味で自分は自分。清い心でいることが大切なのね、きっと!

婚活パーティー、教えてください!

私もシンデレラになるべく、早速まゆちゃんに連絡。婚活パーティーのことをもっと詳しく、たくさん聞くことに。

話を聞くと、本当に気軽に行ける感じ。登録とかも簡単だし、費用の面も割りとお安いし。試しに始めてみるのには、お手頃かも。

やっぱり経験者からの話って、勉強になるわ~!

変に対抗心?嫉妬心?をメラメラと燃やすより、こうやって色々聞いちゃった方が、なんて楽なの!

それになんだろう。このワクワク感。新しいことを始めることも、知らない人と話すことも苦手で、今まで敬遠してたのに。いつも「出来るかな?大丈夫かな?」ってばかり考えていたけど。

なんだか今は「やってみたい!」って思ってる私がいる!

ピリオドとスタート

かくして私は、28歳~35歳までの7年間付き合った彼氏との関係にピリオドを打ちました。

7年間て、数字にすると長かったなって思うけど、アッと言う間だったな。

新しい恋愛・結婚をするんだ!ってワクワクしたけど、彼氏の顔を見ると、やっぱり悲しかったな。

この決心が無駄にならないように。「あ~あ。あの時やっぱり。」って後悔するようなことがないように。

私、新しい恋愛を始めます!婚活始めます!

リアル・シンデレラになるべく、私だけの王子様を探そうと思います!