Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

婚活は恥ずかしいことなのか?恥ずかしいの向こうにあるのは

こんにちは。

今日も、めげずに婚活を頑張ってます、ハナです。

婚活をしていると言うと、良く「婚活してるのって恥ずかしくないですか?」とか。

「周りに婚活してるって言うの、恥ずかしくないですか?」とか、聞かれたりします。

今回はそんな「婚活は恥ずかしいのか問題」について、考えてみようかと思います!

婚活と恥ずかしいの関係。婚活は恥ずかしいことだらけ?

婚活=恥ずかしいって言うイメージって、割とすぐに頭に浮かんでしまいますよね。

「恥ずかしい」の理由はいくつかあると思いますが。

・婚活をするそのものが、恥ずかしい。

婚活しなきゃ出逢えないなんて、そんなのイヤ!

素敵な出逢いは自然と、出来るんだから!

・婚活してるって誰かに知られるのが恥ずかしい

なんか焦ってるって思われそうで。

ガツガツしてるって思われそうで、恥ずかしい!

・婚活の中で、相手の人とどんな風にしたら良いのか恥ずかしい

婚活パーティーで、サイトのメッセージで、どんな話をしたら良いの?

なんか初対面の人と会うのって、ドキドキしちゃって.. .。

と、色々な「恥ずかしい」がありますよね。

婚活に感じる「恥ずかしい」は人それぞれ、場合によってそれぞれなんですよね。

今は、婚活してるの、恥ずかしくないって言い切れる!「今は」ね

「婚活してるのって、恥ずかしくないですか?」と聞かれたら。

「恥ずかしくないです!」と、答えます。

今は。

始めたばっかりの時は、恥ずかしかったですよ。

初めての婚活パーティーに参加した時は、友達と一緒に参加したりもしたし。

婚活パーティーの会場に入る時も、誰かに見られてないかと、キョロキョロしてからサッと入ったりもしていたし。

婚活サイトに登録した時にも、ドキドキしたし。

家族はもちろん、友達にも婚活サイトに登録したことは、内緒にしていたし。

婚活パーティーで、色々な人と話す時は、こんな服装で大丈夫かな?

こんなことを話して良いのかな?と、恥ずかしさでいっぱいだったし。

顔が見えないサイトでさえも、メッセージの最初の1通目や、その後のやり取りに恥ずかしいさを感じたりもしていたし。

でも、婚活をしているうちに、自分の意識が変わったって言うか。

婚活し過ぎて、感覚が麻痺しちゃったのかな?(笑)

婚活を通してのたくさんの出逢いや経験をしていくうちに「婚活って恥ずかしいな」って、全然考えなくなったなぁ。

初対面の人と話すのも「恥ずかしい」から「楽しい」に変わったし。

「婚活?恥ずかしくないですよ~!」って、答え「られる」ようになってました、いつの間にか。

どうして恥ずかしくなくなったのか。それは婚活している人達を見て

私が婚活を始めよう!と思ったきっかけ。

それは先に婚活をしていた友達が、あまりにも楽しそうに婚活パーティーの話をしてくれたから。

おいしいご飯屋さんを見つけたみたいに。

雰囲気の良いカフェを見つけたみたいに。

「あのね~。この間、婚活パーティーに行ってきたの~。そしたらね~!」って。

それを聞いてたら「私も婚活パーティー、行ってみようかな。行ってみたいな。」って思えて。

「婚活って楽しそうだな」って。

これが婚活の始まりだったんです。

それと、私の婚活の後押しをしてくれたのは、婚活パーティーの会場に入って行く女性達。

シンプルな服装だけど、すごく似合っていて。

背筋がピン!と伸びていて。

その姿が、すごく格好良かったんだ。

コソコソ・キョロキョロしながら、下を向いて、背中を丸くして入ってく私なんかより、何十倍も格好良くて、美しく見えたの。

あんな風になりたいなぁって。

素敵だなって。

凛としてるって、こう言う女性達のことを言うんだなって。

恥ずかしいと思いながら婚活してると…。そんな気持ちはお見通し!

そう言うのって、ちゃんと男性も見てるものなんですよ。

女性もね、女性同士、けっこう見てるし。

そんな女性を見た時。

「こんな女性になりたい!」って思うのか。

「ふん!何よ!どうせ私は…。」って、ひがむのか。

この時点でもう、何かが違ってきますよね。

「婚活なんて、婚活パーティーなんて恥ずかしい。」とか。

「なんで俺が・私が、こんな所に!」とか。

「婚活なんて、恥ずかしいな。もう、イヤになっちゃう…。」って、縮こまったりとか。

「婚活なんて、恥ずかしいな。もう!イヤになっちゃうっ!」って、怒りながらとか。

そんな風に思いながら婚活してると、そう言うのって、分かっちゃうんですよね。

会話からも、メールからも。

伝わってきちゃう。

そう言う気持ちで婚活してるのって、真剣に婚活してる人に対して、すごく失礼だと思うんですよね。

だったら来るな!って話しになっちゃう。

だって、婚活してみようかな?婚活パーティーに参加してみようかな?って思ったのは、他でもない自分自身でしょ?

自分で決めて、選んで来てる訳でしょ?

それなら真摯に向き合わなくちゃ。

って、たくさん経験したから思えることかなっ。

意外と多い婚活中の女子。あなたのすぐそばにもきっと

それにね、案外多いんだよ、婚活してる人って。

私も同じ会社に居るもの!

しかも同じ婚活パーティーに参加してる女の子。

私は、仲の良い他部署のおばさんに婚活パーティーのことを話したら。

「うちの部署にも居るわよ。婚活パーティー行ってる子。」って。

たまたまその子と顔を合わせることがあって。

立ち話ししたら、同じ主催者の婚活パーティーを利用してて。

「私、彼氏、出来ましたよ~!ヴァイオリニストなんですよ~♪」って!

ヴァイオリニストって!

スゴイ人を捕まえたわね!

私も負けていられないんですけどっ(笑)!

セクハラにも自分自身への蔑みも、遠いお空へ飛んでった~!

私が居る部署は、男性ばっかり。

会社のおじさん達から、ズケズケと「まだ」結婚しないの?と聞かれ。

「婚活しなよ~!もう、その年なんだから。」と薦められ。

「婚活、してますよ~。」って言ったら言ったで。

「マジで?してるの?どんな?」と根掘り葉掘り聞かれて。

挙げ句の果てには、笑い話にされて。

他部署の人から「婚活してるんだって?」とニヤニヤしながら言われたり。

話が広まっとるやないかい!

中には「テレビでやってる、ナイナイのお見合い大作戦出てみなよ。ハナちゃんなら、イケるって!まだ大丈夫だって!」と薦めてくれるオジサマもいて。

真剣な顔でね!

でも最後の「まだ大丈夫だって!」がね、引っ掛かるんですけど~、心に!

まぁ、応援してくれてるんだな。

気にしてくれてるんだなって、思えないこともないけど。

でも言ってしまえば、ほとんどがセクハラですよね。

訴えたら勝てる自信があるんですけど~!(笑)

おじさん達からの言葉に傷付いたり、心が折れたりすることも、そりゃぁ、ありましたよ。

腹が立ったこともね。

何度も。

「婚活をしている自分」が恥ずかしくて。

自分自身を恥ずかしく思ってたことも、もちろんあります。

自分のことを恥じるだけじゃなくて、「私はダメな人間だなぁ。」とか「私はどこかしらに欠陥があるんだわ。」と、思ってた時期もあります。

考えること全てがネガティブになっちゃって。

こう言うドはまりしちゃった時って、全てがダメですよね。

でも、私の周りに居る婚活してる女性は、全然恥ずかしがってなくて。

なんかそんな彼女達を見てたら、勇気が湧いてきたって言うか。

私も頑張れる!やれる!って思えて。

少なからず「あの子に出来たんだから、私だってやってやる!」って言うような対抗心もあったんですけど。

前を向いて婚活と向き合えるようになった頃。

気になって婚活してる友達に聞いたことがあるんです、私も。

「婚活しててさ、恥ずかいなって思ったことなかった?」って。

そしたら「え?最初は恥ずかしかったよ。あったり前じゃん!」て、みんな言ってて。

あぁ。

最初は、みんな同じなんだなって。

婚活するの、恥ずかしいなって思うことも。

婚活してて、恥ずかしくない?って思うことも。

そんな風に思えたら「私はダメな人間だなぁ。」とか「私はどこかしらに欠陥があるんだわ。」なんて思ってた自分が、どこかに消えちゃったの。

会社のおじさんからのセクハラにも、笑って返せるようになったの。

そしたら「おっ?ハナちゃん、婚活始めてからイキイキしてるね。応援してるよ!」って。

こう言うセクハラ染みたことを、コミュニケーションの1つだと許すつもりはないけど。

自分の心の持ちようで、表情とか、周りの反応とかも、変わってくるのよね。

今じゃぁ、会社のおじさん達が1番の応援団で、良き相談相手ですわ!

こんな風に変われたのも、婚活をして、色んな人と会って話をしたからかな。

「色んな人がいるんだな~。」って。

「色々あって、それはそれで良いじゃん!」って。

「恥ずかしいから」で自分で自分にブレーキを掛けないで!

恥ずかしい気持ちはあったけど。

それ以上に「いや。私は結婚したいのよ!私だけの王子様に出逢いたいの!シンデレラになるのよ!」って言う気持ちが上回って。

「なりたい自分」を思い描いて、突き進むことは、大切ですから!

他の人から「は?シンデレラ?35歳にもなって?」と思われようが、言われようが!

今は、「恥ずかしさ?そんなの、全然!だって、王子様と出会うためですもの!惜しみませんわ!」ってな感じにまで、成長できました(笑)。

私、思うんですけど。

恥ずかしいと言う気持ちを大事に育てても、なにも産まれないと思うんです。

だって大抵の場合、恥ずかしいの後に続くのって、「恥ずかしいから、止めておこうかな。」とか「恥ずかしいな。自信ないな。」とか、自分にブレーキを掛けてしまう言葉ばっかり。

それならば「恥ずかしい」の向こう側にある気持ちを、大事にして育てた方が、どれほど良いかって。

他の人から見たら「婚活なんてしちゃって恥ずかしい~。」と思われてるのかもしれないけど。

でも恋がしたいし、結婚がしたいんだもの!

「えいっ!」って、恥ずかしいの呪縛から、飛び出さなくっちゃ!

婚活している自分が恥ずかしいなんて、思っちゃダメ。

だって婚活してるって、頑張ってるってことだもの。

勇気を出して1歩踏み出せてるってことだもの。

何もしないで「良い出逢いないかな~。」って思っているだけよりも、何倍も何十倍も努力してる。

頑張ってても、傷付くこともあるし、イヤな思いをすることもある。

でもそう言うのも受け入れることで、自分の経験値って言うか、質って言うか。

女っぷりが上がってるって言うか。

だと思うんです、私は。

恥ずかしい?恥ずかしくない?は、婚活を始めてみなけりゃ分からない!

なんて、格好つけたことばっかり言ってきたけれど。

恥ずかしさは、自分で乗り越えるしかない。

乗り越えるって言うか、昇華させちゃうって言うか。

私自身、友達の婚活の話を聞いた時は「婚活って楽しそう!」と思えたのに。

いざ、始めようと思ったら「婚活ってちょっと恥ずかしいかも…。」って思っちゃって。

でも始めてみたら「やっぱり婚活って、楽しい~!(イヤなこととかもあるけどね)。」って変わって。

婚活をしてもいないで、どんなものかも知らないで、恥ずかしがってたなぁって。

「だって、恥ずかしいんだもん。」で止めたり、諦めたりしちゃ、絶対にもったいない!

周りからの目や言葉に恥ずかしくなって、止めたりなんて言うのは、もっともったいない!

みんな絶対に、「お!この人は!」って思ってくれる、見つけてくれる誰かがいるんだから!

恥ずかしがらずに、王子様が見つかるのを、楽しまなくちゃ、損よ、損!

「恥ずかしい」と思う前に、やってみようよ、婚活!