Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

35歳で婚活始めました!女性の婚活は、何歳から始めたらベスト?

こんにちは。

婚活を始めて、もう、どのくらい経ったでしょうか?

地道に頑張っているハナです。

私は、35歳から婚活を始めたんですけど。

女性って、いったい何歳から婚活を始めたらベストなんでしょうか?

35歳で始めた私は、遅いのか?

最近、フッと、そんなことを思っちゃったんです。

女友達に聞いてみた。35歳で婚活を始めた私は女遅い?

考え始めると、何かの拍子に「35歳で婚活始めたのは遅かったのかしら?」と、頭によぎることが増えてきて。

周りの女友達に聞いてみたんです。

「ねぇねぇ。35歳で婚活始めたのって、遅いと思う?」って。

その結果は…。

私の女友達は口をそろえて「え~?遅くないんじゃない?」でした。

ホッとひと安心したりして。

でも、良く考えたら。

結婚して10年のナミちゃん。

5年付き合った彼氏と、34歳で、結婚したモトちゃん。

36歳で婚活を始めたマユちゃん。

30歳から結婚相談所に通い始めて33歳で結婚したキヨちゃん。

8年間、彼氏と同棲中だけど結婚は考えてないミカちゃん。

結婚歴27年のベテランヨシコさん。

年齢や結婚してる・してないはまちまちだけど、みんな35歳オーバー。

10年以上の付合いの女友達が言うことを、鵜呑みにして、はたして良いんだろうか?!

井の中の蛙ではないけれど。

ヌクヌクと友達の優しい言葉に、浸かりっぱなしで。

「そうだよね~!」って甘えて。

これで良いのかしら?

長年の女友達以外にも聞いてみた。私の婚活、遅い?

と、思って。

ちょっと自分を厳しい立場に置いてみようかと、他の人にも聞いてみました。

まず手始めに。

同じ会社の、24歳のリンちゃんに聞いてみました。

「ねぇ、リンちゃん。私が婚活してるの知ってるでしょ?始めたの、遅かったと思う?リンちゃんの周りでは婚活してる子いる?」と。

「う~ん。どうですかね?ハナさんが遅いのかは、分からないですけど~。でも早い子は、21歳とかでも始めてる子、居ますよ?」

とのこと。

ガーン。

私は、その子と比べて14年も遅れているのか…。

「あっ。でも、始めてる子は、意識高い系って言うか。同世代の男の子は頼りなく思えちゃったりとか。遊ぶのはもういいから、結婚して自分の家庭を早く持ちたいって思ってるような。それなら若さが売りのうちに、早く結婚しちゃえ~!みたいな。」

はぁぁぁ~っ。

21歳の時なんて。

結婚は出来るものだと思ってたなぁ。

そのうち、自動的にじゃないけど、スーッと出来るものだと思ってたなぁ、そう言えば。

あの頃、付き合ってた彼氏が「ずっと一緒にいよう。」って言ってくれたのを。

「そうだね。」って言いながら、心の中で「ん?ずっと?それって結婚てこと?ヤダァ。まだまだ考えられないし。」なんて思ってたなぁ。

あの時の私が、結婚への意識高い系の女子だったら!

あの時の私に、言ってやりたい!

「まだまだ考えられないじゃない!ちゃんと考えるんだ!」と。

そしたら、未来・現在が変わっていたのかも?

な~んて、考えてたら。

「でも、ハナさん。遅くないんじゃないんですかぁ?だって、ハナさんは今、意識高い系女子じゃないですか。まぁ正直、若さを売りにってのは、ちょっとアレですけど。でも、若さじゃない売りって言うのがあるんじゃないですか?」

リンちゃん!

あんた、なんて良い子なのよぉ!

なんでも、奢ってあげるわ!(笑)

…私の売りってなにかな…。

あれ?

私の婚活始めるの、遅かった?って家族に聞いてみたら

まぁ、ちょっと引っ掛かるところはあるけれど。

家族はなんて言うかしら?とか思っちゃって。

聞いてみました。

あ~!

聞かなきゃ良かった~!

リンちゃんが言ってくれた言葉に完全に舞い上がって。

勢いで聞いちゃったんですけど。

失敗した~!

なんで、リンちゃんで止めておかなかったんだ、ワタシ!

もうね、バッサリ。

斬られました。

「ハァ?遅かったに決まってるじゃない。」とお姉ちゃん。

「お母さん、何度も結婚しないの?って聞いてたわよね!あなたが20代の頃からっ!」て、お母さん。

「さっさと早く、婚活の結果も出しなさいよ!」って二人から。

お父さんは…。

困り顔で笑うだけ。

でも後からこっそり「早いも遅いもないよ。こう言うのはタイミングとか、縁だから。」って。

お父さん!

泣いちゃいそう、ワタシ!

まぁね、家族(と言うか母と姉)からは、厳しいことを言われるだろうなとは、思ってたんだけどね。

「いや、イケるかな?」なんて、見くびっちゃったのよね、母と姉の破壊力を。

色々な立場によって、意見は変わるよね。

はぁ。

私、婚活始めたの、やっぱり遅かったかな…。

って、ちょっと後悔(泣)。

試しにググッてみたら…。後悔の嵐!止めときゃ良かった…

家族からの攻撃に、撃沈したはずだったのに。

傷に塩を塗り込むようなことをしちまったんです、ワタシ。

ググッてしまったのだ!

「35歳 女性 婚活 遅い?」って。

これはねぇ。

もう大変!

見なきゃ良かったッス、マジで。

「遅い・遅い・遅い。」

この言葉ばっかり。

35歳の女性なんて、結婚する価値がない!って言われてるように思える言葉・言葉・言葉…。

「最高の男性と結婚したいなら、25歳から婚活するのがベスト!そして最低でも27歳で結婚を!」ってのもあったりして。

私、10年遅れてるんですけど。

10年よ、10年!

私、どうしたら良いの?

あぁ。涙がぁぁぁ。

婚活はベストが25歳でもスタート。最高でも33歳まで?

この27歳って言う数字にも、もっともらしい理由があって。

結婚をすれば、子供を授かりたいと思うのが、まぁ、自然の流れ。

これは私も分かります。

そう考えた時に「33歳の女性が限度」って思う男性が多いんだって。

33歳の女性と結婚➡34歳で妊娠➡35歳で出産。

これ以上だと、妊娠の可能性が急激に下がったり、高齢出産のリスクが、グッと上がるからって。

あくまでも「33歳」って言うのは、「最低でも」であって。

本当は「33歳でも遅いくらいで」。

やっぱり25歳の女性と知り合って、26歳で結婚。

27歳で出産して、30歳までに可能であれば二人目を出産が、世の中の男性の希望なんだって。

はぁ~~~~~っ。

婚活って。

結婚だけじゃないんだね。

その先にある家庭生活も、しっかり見なきゃいけないんだよね。

そんなことはさ~。

分かってるの。

いや、分かってたつもりだったんだけどな。

本当は分かってなかったのかな。

今までの婚活の思い出が頭を巡る!あの人達も私の年齢を気にしてた?

ググッてしまったせいで。

やる気がなくなってきちゃった。

私の婚活って、意味ないのかな。

私は求められてないのかな。

悲しくなってきちゃって。

泣いている私の頭の中を、今までの婚活・出逢った男性達が走馬灯のように駆け巡って。

「なんかちょっと嫌かも。」って思っただけで断っちゃって、ごめんなさいとか。

鳥オタクだったからって断っちゃって、ごめんなさいとか。

簡単に断った私は、自分の価値を知らないおバカさんだったのかしら。

でも。

中にはちゃんと向き合えた人もいたけどな。

結果的にはうまくいかなかったけど、一緒にいて穏やかな気持ちで居られたり。

自分とは全然違うタイプの人だったけど、新しい刺激がたくさんで、楽しいことが多かったり。

あの人達も本当は心の中では「35歳かよ!」って思ってたのかな。

そんな風には思えなかったけどな。

今でも、そんな風には思えないけどな。

時には泣く時だってある。私は何度も立ち上がるんだ!

はぁあ。

泣いちゃったな。

泣いたらちょっと、スッキリしたな。

だからね。

ずっと落ち込んでなんていられないの。

くじけたって、バカにされたって、「もう遅いんだよ!」って言われたって。

それが世の中一般の男性からの言葉だろうと!

悲しくなって、泣いても。

何度でも、立ち上がってみせる!

だって、私、結婚したいんだもん!

世の男性に問いたい!

35歳で婚活始めた女性って、そんなに引く?

そんなにダメ?

若いって、そりゃぁ魅力的だけどさ。

妊娠・出産を考えたら、35歳って不安なことが多いけどさ。

それだけで。

それだけで、条件から外さないでよ。

結婚への意識高い系女子じゃなかったかもしれないけど。

婚活と年齢の関係性を、分かってたつもりで、本当は分かってなかったかもしれないけど。

若さを売りには出来ないけれど。

酸いも甘いも経験して。

私の売りは…人生経験?

経験値は、若い子には負けないぞ!

意味のない言い訳かもしれないけどさ。

気付いたら「この年齢になっちゃってた」んだもの。

35歳からの婚活に、なっちゃったんだもの。

でも!

結婚への気持ちは、真剣なんだから!

「結婚したい。」って気持ちは溢れてるんだから!

そう思う気持ちに、年齢の差とか、制限はないでしょ?

でもこれで、私が求めている王子様がハッキリしたわ

私が憧れてるシンデレラ。

いったい彼女は、何歳なんだろう?

何歳で、王子様と出逢ったんだろう?

ガラスの靴を履いたのは、何歳の時?

王子様は、シンデレラの年齢に惹かれたの?

いいえ、違うはず。

違うと信じたい。

王子様は、シンデレラとのダンスが楽しくて、その間に感じていたフィーリングとかに、惹かれたからこそ、あそこまで探したはず。

勝手な解釈?

良いように捉えてるだけ?

そう言われても、けっこう!

私が求めている王子様は、そうなんだから。

年齢だけじゃない、若さだけじゃない。

結婚の先にある妊娠や出産のことを含めた二人の生活のことを、二人の毎日のことを、二人で考えて、乗り越えていける。

そんな人が、私の王子様なんだから!

ここからまた、改めて婚活頑張ることを宣言します!

もうここは開き直って。

自分が背負ってるリスクも自覚して。

その上で、婚活に積極的に取り組んでいくことを、ここに宣言します!(笑)

男性との出逢いって。

少女漫画に出てくるような、自然な出逢いがあると思い込んでる方が、不自然なんだって。

落とし物を拾ってくれた男性が、同じ職場に転勤してきたとか。

たまたまバーで隣に座った人と、イイカンジになってとか。

そう言う自然な出逢いが自分にもいつか、きっとある!と、思ってることが、自然ではなくて。

そもそも、そんな出逢い、自然じゃないから!

でもね。

分かってはいるんだけどね。

そう言う出逢いが「いつか私にも」なんて妄想しちゃうのよね。

妄想するのは良いの。

ただ妄想してる「だけ」じゃダメなのよ!

妄想を現実にするべく、自分が動かなきゃ!

だって!

あのシンデレラだって、ただ「王子様かぁ。私の所に来てくれないかしら。」って待ってたんじゃないし!

「え!王子様?舞踏会?私も行ってみたいわ。」って思って、舞踏会に行ったんだし!

意地悪なお姉さんや継母から「あなたは、家で掃除でもしてなさいよ。」って言われたけど。

おとなしく言うことを聞いて、家に居なかったものね。

「私も行きたい!」って、行動したから、王子様と出逢えたんだもの。

まぁ、魔法使いの力は借りたけど。

私の前に魔法使いは現れないけど。

協力してくれる友達がいるし。

励ましてくれる同僚がいるし。

厳しいことを言いながらも、応援してくれる家族がいるし。

出逢いのきっかけが作れる婚活があるし!

婚活パーティーしかり、ネット婚活しかり、結婚相談所しかり。

出逢いが詰まってるドアは、すぐ目の前にあるんだもの。

妄想しながら待ってるだけじゃ、シンデレラにはなれないのよ!

私もシンデレラに負けない!

どんどん積極的に、婚活しちゃうんだから。

俄然、やる気が出てきた~!

世の中の女性に問いたい!

何歳から婚活を始めたら、幸せな結婚が出来ると思いますか?

25歳?

27歳?

30歳?

私が思う婚活の始め時。

それは思い立ったら!

35歳からの婚活だって遅くない!

何かを始めるのに、遅いなんてないもん。

年齢や経験に応じた、私の「今」に必要な、ぴったりな王子様が、必ずいるはず。

1回、落ち込んだお陰で、婚活に対しての気持ちって言うか、相手の男性に求めるものが明確になったみたい。

また違った気持ちで、婚活に挑めそう!

さて!

ここからまた、どんどん婚活始めるぞ!