Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

婚活には、トキメキがない?婚活に恋愛感情は存在するのか?

婚活は以前、続けています。

出逢いもあります。

でも。

トキメキがね、減ってきてるんです。

婚活パーティーとか、婚活サイトって、どうしても「プロフィール」とか「条件」が、先になってしまいがち。

そんな中で、婚活で出逢った人に、恋愛感情って沸くの?とか、思ったりしません?

婚活において、恋愛感情とは?

これが、今日のテーマです。

婚活にトキメキを求めるの私は変り者?ある男性との衝撃的に出逢い

「ハァ?35歳にもなって、トキメキがない?何、言ってるの?」

って、思います?

笑われても、けっこう!

私はトキメキがある婚活がしたいんだもの。

「あなたのことが気になります。良いなと思ってます。」って言う気持ちが見える婚活がしたいんだもの。

私がこう思うようになったのには、きっかけがあります。

今までの恋愛って。

「好きかも!いや、好き!」って気持ちからスタートして、運良く告白が成功したり。

「あれ?もしかして、あの人ったら、私のこと好きなんじゃ…。」って言う意識から始まって、告白されちゃったり。

そんなトキメキから、始まったお付き合いが多くて。

となると、婚活にも、そう言うトキメキがあると思うじゃないですか!

求めるじゃないですか!

でも、ある男性との出逢いに、衝撃を受けたんです。

条件を満たすパーフェクトな男性サトルさん。この出逢い、逃すわけにはいかない!

衝撃的な出逢いをしたのは、サトルさん。

婚活サイトで出会った43歳のサラリーマン。

年収は700万円以上、都内のマンションに一人暮らし。

次男なので、跡継ぎの心配なし。

両親との同居の心配もなし。

身長は178㎝、筋肉質、趣味はスポーツと映画。

そして顔。

私のタイプ!

「こんな人を待ってたのよ!もう、パーフェクト!」だったんです。

アプローチしようか、もうちょっと待とうかなんて考えていたら…。

なんと!

サトルさんの方からアプローチが来たんですっ!

「ハナさんは、私が思う条件にピッタリ合う女性なんじゃないかなって。良かったら、メッセージ待ってます。」って。

こんなパーフェクトな男性との出逢いを、逃す訳にはいかない!

ってことで、すぐに返事を書きました。

そこからは、トントン拍子に話が進んで、すぐに会うことになったんです。

サトルさんの第一印象は、サイトから受けた印象と変わらない、好印象。

話も面白いし、話し方も丁寧で。

カフェで会ったんですけど、店員さんへの態度も丁寧で。

食べ方・飲み方も、申し分なし!

もう絶対に、逃さないんだから!と、息巻く反面。

どうしてこんなに素敵な人が、婚活?と疑問が。

そしたら、その答えが分かったんです!

婚活卒業と思いきや。え?ん?そこに気持ちはあるのかい?

会ってから1時間半。

その時が、訪れたんです。

「ハナさんと話すのは、とても楽しいです。会ってすぐに、こんなことを言っては、驚かれるかもしれませんが。私と結婚を前提にお付き合いしませんか?」

はい~!

来ましたっ!!!

待ちに待っていた、この言葉。

しかも、パーフェクト!と思った相手、サトルさんから!

もちろんすぐに「はい!よろしくお願いします!」って返事、しましたよ~!

これで私の婚活も、ついに終わりです。

今まで、読んでくれた皆さん、ありがとうございました。

私、ついになります!

シンデレラに!

って思ったのもつかの間…。

「私、小さい人が好きなんですよ。ハナさん、身長152㎝でしたよね。私の条件条件合うんですよ。」

良かった~、背が小さくて。

「血液型、A型ですよね。私、A型の女性が良いんです。」

A型に産まれてきて、良かったわぁ。

「写真通り、ロングの黒髪ですね。そのままで良いですから。髪型も髪の色も、変えないでくださいね。長い黒髪。これ、私の必須条件なんです。」

変えないでと言われれば、変えませんけど…。

「ハナさんの実家って長野ですよね。関東圏から近いですね。新幹線でも、車でも、それほど時間掛からないので、オッケーです。相手の実家が余りにも遠いのは、私の条件外なので。」

ん?

条件外?

「ハナさんの仕事は事務ですか。結婚したら、すぐに仕事、辞めて欲しいんです。ハナさんの仕事なら、すぐに辞めても大丈夫ですよね。専業主婦になってくれる女性が、条件なんですよ。」

はぁ?

これでも、責任感を持ってやってるし。

今の仕事も、職場も好きだから、結婚しても続けたいんですけど?

「ハナさんは一人暮らしも長いですから、料理・家事全般は大丈夫ですよね。家事が得意な女性が条件なんです。あぁ。私ね、和食が好きなんですよ~。」

おやおや?

「年齢は35歳ですけど、まぁ、いいかな。健康そうですもんね。今までに大病はないですよね?それから子宮系の病気もないですよね?私は子供を最低でも2人は欲しいので、産める女性が条件なんです。」

なんだって?

黙って聞いていれば、次から次へと。

何を言っちゃってるんだか。

「それから~。」ってサトルさんの話は続いていたけれど。

何を話してたのかは、覚えてません。

「今のが、私がハナさんに求める条件です。ハナさんなら、満たせそうだから。」って言われて。

かぶせるように「ごめんなさい。お断りさせていただきます。」って最後に言って、帰ってきました。

「条件・条件」って。

私を選んだのは「条件に合ったから・合いそうだから。」だけ?

そこには「恋愛感情」っちゅうもんは、ナイのかい!(怒)

条件が合いさえすれば、結婚相手は誰でも良いってことなのかい!(怒)

条件は大事。でも気持ちはもっと大事!君じゃなきゃ!と言われたい

条件て、たくさんいる異性の中から、自分のタイプの人を絞るのに必要なものだとは思うんです。

でも…。

絞った人の中から、一人を選んで。

「この人が好きだな。」って思って。

「結婚したいな。」って思って。

やっぱり「君じゃなきゃダメなんだ!君と結婚したいんだ!」って言われたいじゃない。

私も、そう思える人と結婚したいし。

サトルさんは、1ミリも私に恋愛感情はなかったのかな。

サトルさんが言ってた条件て。

けっこう当てはまる人って多いんじゃないの?って思ったり。

私がちゃんと聞いてなかった「それから~。」の続きに。

もしかしたら、サトルさんが望む女性が、グッと絞られる条件があったのかもしれないけど。

私を選んでくれた時。

「条件に合うし、なんか好き。フィーリングが合うな。」って思ってくれていたら。

私は「条件に合う」じゃなくて「なんか好き」の方を、伝えてほしかったな。

なんて思う私は、我が儘?

私の「条件に合う」人だったんだから。

とりあえず付き合ってみたら良かったのかな?

もしかしたら、付き合っていくうちに、恋愛感情がお互いに湧いたかもしれない?

でもな。

な~んか、しっくり来なかったんだよな~。

条件王子様とトキメキ王子様。さぁ、選ぶのはどっち?!

そりゃぁ、私が希望する条件を兼ね備えたパーフェクトな私だけの王子様と出逢って、結婚がしたい!

そのために、婚活、頑張ってるんですから!

条件ピッタリだけど、1ミリも恋愛感情が湧かない条件王子様と。

条件なんか全然満たしてないけど、キュ~ンとトキメク、トキメキ王子様。

どっちを選ぶ?

条件を満たしてて、ドキュ~ンと来る、条件+トキメキ王子様が良いに越したことはないけれど。

そんな王子様はいるのか?

条件+トキメキ王子様が現れるのを待つか。

条件王子様で手を打つか。

はたまたトキメキ王子様で手を打つか。

はぁぁぁ。

人生って難しくて、過酷だわ。

いつでも選択しなくちゃいくないんだもの。

恋愛感情をお互いに持てること。それが私が求める条件!

あ。

でも。

選択肢があるだけ、幸せと思わなきゃいけないのかな。

何を選ぶか、どっちを選ぶかは自分。

自分しか、自分の幸せを選択出来ないのよね。

それに「自分が幸せかどうかは、自分が死ぬ時にやっと分かるんだよ。」って教えてもらったことがあるなぁ。

今の私が求めているのは、そう!

恋愛感情!

婚活で出逢って、しっかりと「あなたが好きです。」って思いたいの。

思われたいの。

そう思えた人と、思ってくれた人と結婚したいの。

普通に恋愛感情を持って、始まりたいの。

婚活って、結婚したい男女がしてるもの。

みんな、それぞれタイプや譲れない条件があって。

中には、恋愛感情はひとまず置いといて、「結婚する」ってことを重視してる人もいるとは思うけど。

でも、シンデレラに出てくる王子様は、ガラスの靴に足がピッタリ合うから、シンデレラを選んだんじゃないでしょ?

「なんて素敵なんだ。もう帰ってしまうの?もっと一緒にいたいのに。また会いたい!」って恋い焦がれた女性が、落としていったのがガラスの靴だったから。

だから、そのガラスの靴に足がピッタリ合う女性を、シンデレラを探したんでしょ?

私が結婚したい人。

「ちゃんと恋愛感情をお互いに持てる人」が条件なんじゃい!

婚活において、恋愛感情とは…。

恋愛感情が見えない人とは、始められない!

絶対に必要なもの!

少なくとも、私にはねっ。