Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

婚活中も出くわす男と女の割勘問題。結婚生活も垣間見える?

割勘。

それは「費用を各自が均等に負担すること。また、各自が自分の勘定を払うこと。」(三省堂 大辞林より)。

度々、話題に上る男性と女性の間での割勘問題。

男性は全部、奢るべきなのか?

女性は、払わなくて当然のスタイルで許されるのか?

ネットでも、友達同士の話題でもけっこう、登場して。

白熱の議論になったりもして。

この割勘問題は、婚活中にも割と頻繁に出くわすんです~。

これがまたけっこう、厄介で。

私や婚活している友達の割勘エピソードをご紹介しつつ、割勘問題について考えてみようかと思います!

女は会計時にお財布チラ見せで!のアドバイスに従ったら

私の友達、マユちゃんの話。

マユちゃんは、姉御気質で太っ腹。

私達との女子会でも「私、すっごい呑んだから!」と、いつも多目に支払う女の子。

そんなマユちゃんは、男性とのお付き合いでも、いつも「いいから、いいから。」と奢ったり、多目に出したり。

そんなことをしているうちに段々と、彼氏が奢られ慣れちゃうのか。

支払いは、いつもマユちゃんになっちゃったり。

彼氏がヒモみたいになっちゃうパターンが多くて。

それか都合の良い時にだけたかられて、貢がされちゃったり。

そんなことも、あっけらか~んと話すマユちゃんに、私達は何度もお説教をしてたんです。

私達からのアドバイス。チラ見せ&一言で絶対だから!

そんなマユちゃんが婚活で出会ったのか、ちょっと年上のカレ。

婚活サイトで出会ったカレの職業はデイトレーダー。

しかもちょっとリッチなカレだったんです。

そんなカレと、「今度、食事するの!」と言うマユちゃんに、私達は。

「絶対に、お金を払うな!」と。

「お会計の時に、チラッとお財布を出しながら「出します。」とだけ言え!絶対、相手が払ってくれるから!」と、アドバイスしたんです。

アドバイス通りにしたのに…。逆に出費が増えたんですけど!

後日、マユちゃんから怒りの招集が。

「ちょっとぉ。アンタ達のアドバイス通りにしても、割勘だったんだけど!」と。

デート当日のマユちゃんは、手ぶらで行くのもな~と、思い立って。

そこには「奢って貰えるんだろうし」って計算もありつつ。

「日本酒が好き」と言っていたカレに、3,000円程の日本酒を買っていったんだとか。

それを食事が終わったタイミングで渡して。

で、お会計の時に、言われた通り、お財布をチラ見せしながら「あっ。出します。おいくらですか?」と言ったら…。

「あっ。じゃぁ割勘で。4,000円。」と言われたとか…。

お土産の日本酒代と合わせて、7,000円の出費…。

「ねぇ!どうして?アドバイス通りにすれば、奢って貰えるんじゃなかったの~?」と。

その日は、マユちゃんには一銭も払わせずに、心行くまで、呑み食いしてもらいました(笑)。

奢ってもらえるは、下心?20代ならアリだけど30代はナシ?

私達の結論は…。

その男がケチだった!

と言うことにして。

その日の酒のツマミに、そのカレの悪口を、散々言ってたんですけど。

マユちゃん曰く「それなら、奢って貰うとかそう言う考えなしに、普段通りに自分の分!と払った方が、気持ちが楽だった~。」と。

「奢って貰えるんだろうな」って言う下心と、少しの罪悪感で、お土産を買っていっちゃったのも、悪い方へ作用しちゃったなぁと。

「女なら奢って貰える!」って言う考えはもう、古いのかしら。

「1回目のデートだし!」みたいな考えも、古いのかなぁ。

それとも30代後半だから?!

ひ~っ!

20代ならイケるけど…とか?

考えたくない~っ!

マユちゃんだけじゃない!まだまだあった割勘問題

婚活をしてる同じ会社の女の子にも、聞いてみたら、あるわ、あるわ~!

婚活パーティーで知り合ってカップルに同い年のカレ。

婚活パーティー後、カフェに直行して、たくさん話して。

すごく趣味や会話も合って楽しくて。

その時は、自分の分は自分で払って。

その後、別の日に映画デート。

映画の後、入ったファミレスでご飯を食べて。

映画代は自分で。

ご飯は、カレが奢ってくれて。

「食事代も割勘にして。」と言ったら。

「じゃぁ、次のデートでちょっと、お願いしようかなっ。」てカレが。

やった!また会えるんだ!と喜んでいたら…。

衝撃はデートの最後にやって来た!えっ?私が、全部?

明日は、カレと2回目のデート。

ゆっくりと夜ご飯を~と言う予定。

カレから「予約したよ。」と貰ったURLで、お店をチェックしてみると。

小洒落たイタリアンのお店。

「雰囲気の良さそうなお店!おいしそうなお料理!こんなお店を予約してくれたなんて!」と感動してしまったとか。

いざ行って見ての感想は、予想以上に素敵なお店でご飯もおいしくて、大満足。

食事中のカレとの会話も時間も最高!とカレが大好きになったそうです。

でもそれが…。

そろそろ帰ろうかとなった時、カレが伝票を「今日はキミの番だよね。じゃぁ、よろしく!」と…。

お会計金額は6,300円。

払えなくはないけれど、割勘とかナシ?

って「今日はキミの番。」て、ナニ?

前回のファミレスの食事代、私の分は1,200円だよね?

これならいっそ、1円単位までの割勘の方がマシでした!

「?」と思いながら、お会計をして。

でも、楽しかったカレとの時間が、食事代よりも上回ったし。

今回は、たまたまそうだったのかもと思って、その後もデートを重ねた彼女。

でも、3回目は公園デート。

カレはコーヒーとケーキを奢ってくれて。

4回目は、ショッピングへ。

カレの買い物にひたすら付き合って。

夜は和食屋さん。

この支払いは「キミの番」で、彼女が。

お店はいつもカレが決めて。

どう考えても、自分の支払いの方が高くて。

それでも、もう1回!もう1回!とデートを重ねてみたけれど。

結局いつも、自分の方が支払う額が多くて。

自分が行ってみたいお店に誘っても、なんとなくいつもスルーされて。

カレが選んだ?行きたい?お店に行っては、自分がお会計と言う流れに。

「お金のことでうるさく言うのもどうかと思ったけれど、毎回の「キミの番」が精神的に負担になってきて。お金払うのヤダ!って、別れました。」と。

「これなら毎回、割勘の方が良かったですよ~。1円単位まででも、その方がマシでした~。」と。

カレの狙いだったのか、それともカレの中ではこれが、ざっくりとした割勘のつもりだったのか。

今では確かめようがないですけど。

こんなカレなら、割勘にしちゃうなぁ。

割勘が原因で失敗したと思ってるけど。他に原因があった?

かく言う私も。

「割勘」が原因で婚活に失敗した経験があるんです。

私は「割勘が原因で」と思ってるんですけどね…。

ユウさんと出会ったのは、婚活サイト。

ユウさんは、同い年でバツイチ。

まだ手の掛かるお子さんを男手1つで育てているシングルファーザー。

「実家に助けてもらいながら」とは言いつつ、働きながら子育てをしているユウさんを、単純にすごいなぁ!って思ったのがきっかけ。

ユウさんからのメールの返信はいつも丁寧で、感じが良くて。

落ち着いたメッセージのやり取りに、会ってみたいと思ったんです。

私がそう思い始めたのと同じくらいのタイミングで、ユウさんからも「そろそろ1度、会ってみませんか?」と。

すぐに「はいっ!」と返事をしたのは、言うまでもありません。

すっごいタイプ!手応えもアリ!と思っていたのに…

初めて会ったのは渋谷。

待ち合わせの場所に着いてもなかなか出会えなくて。

メッセージのやり取りを何度もしながら、周りを見回して。

ようやく、お互いがお互いを発見!

ドキドキしましたよ~。

会えるかな?って言うドキドキと。

見付けた瞬間、めっちゃくちゃタイプだったんだもの!

ようやく会えた!って言う安心感や、緊張感の中、ぎこちない「初めまして」の挨拶をして。

とりあえず近くにあったカフェへ。

一人ずつオーダーして~と、ユウさんの後ろに並んでいたら。

自分のオーダーが済んだユウさんが振り向いて。

「ハナさんは?何にします?」って。

思わず「紅茶を!」って言っちゃったんですけど。

ユウさんは店員さんに「後、紅茶を。」って。

一緒に払おうとしてくれてたので「あっ。払います。」って言ったんですけど。

「お会計は一緒で良いですから。」と、私の分のお代も払って貰っちゃったんです。

で、ユウさんはコーヒーを、私は紅茶を飲みながら、色んなことを話して。

穏やかで楽しい時間で。

私的には「また会いたいな。」って思ったし。

「また会えそうだな。」って思ったし。

だから「じゃぁ、そろそろ。」ってなった時。

もう1度、言ったんです。

「あの。これ、紅茶代です。ありがとうございました。」って。

そしたらユウさんは「いいですよ。」って、ニッコリ笑って。

だから紅茶を奢ってもらって、その日は別れたんです。

拒否されて、しつこくされて。お金の恨みは恐ろしや~!

翌日。

ユウさんからのメッセージに、ウキウキして見てみたら。

「ハナさんとは、合いそうにありません。」て。

もうね、え~!ですよ、え~!え~?え~っ!

メッセージを読み進めると「自分の飲食代を払わない女性が、基本的にムリなんで。」と。

ななななんですと~!

私、払いますって2回言いましたよね?

それを断ったのはユウさんでしょうがぁっ!

2回断られて、それでも3回目も、行けと?

冗談じゃないっつうのっ!

それなら「ありがとう。」って、貰えば良いじゃないのよぉ。

「こりゃぁ、ムリだ。」って私も分かったから。

「それは申し訳ありませんでした。分かりました。ありがとうございました。」ってメッセージを送って終わりにしたんです。

それなのに。

それなのにですよ!

翌日からしばらく「紅茶代400円を払わないなんて。」みたいなメッセージがしつこく続いて。

400円でこんな嫌な気持ちにならなきゃいけないなんて。

こんなことになるなら、投げつけてでも払ったわよ!

私のことが気に入らなかったなら、割勘がどうのじゃなくて「合わなかった。違った。」でいいじゃない!

私が付き合ってきた彼氏は良い人達でした…。シミジミ

そんなことがあったから。

婚活で飲食した時には必ず「割勘に。」とか「私も払いますから。」って言うようになりました。

何度も。

でも「どうして?払わなくていいよ!」と言ってくださる男性の方が多くて。

ユウさんみたいな人は特別なんだろうな。

考え方とか、経済的な問題とかは、人それぞれ。

男女問わず、30代後半にもなれば、仕事も軌道に乗ってる場合も多くて。

経済的にも余裕があったりもして。

そんな女性にはもう「奢られたい」と言う概念はなくなるのかしら?

男性も「奢らなくたって良いよね。」みたいな感覚が、あったりもするのかしら?

対等を望む女性もいるだろうけど。

私は、ちょっとは奢って欲しいなぁ。

最初だけでも頑張って欲しいなぁなんて。

ずっと奢って貰ってて。

でも徐々に割勘に移行してったりすると「釣った魚にはエサをくれないのね!」って気持ちになっちゃうのかしら?

それならば最初から、見栄を張らずに、懐具合をオープンにしちゃった方が良いのかな?

私の歴代のカレはどうだったっけ?

けっこう奢って貰ってたなぁ。

奢ってもらってばかりから、ちょっとは出すへは、どうやってシフトしたんだっけ?

自分から?

カレに言われて?

あ~。

昔のこと過ぎて、思い出せないわ。

あれ?なんだか今までのカレ達が良い人達に思えてきたわ~。

そう簡単に解決なんてしないけど。男性諸君の頑張り求む!

私だって、「全部、ずっと奢って貰いたい!払いたくない!」って訳じゃないんです。

そりゃぁね、スマートに割勘したいんです。

良くドラマとか小説とかで。

「1軒目の食事を奢ってもらったら、2軒目のお酒とか、コーヒーは私が。」とか「次のお店は、お願いしようかな。」って男性が言うとかってあるけれど。

2軒目があると限らないし!

私や私の周りでは、実際に2軒目行った~なんて、ほぼないし!

じゃぁ、「次のデートは私が」もアリかもだけど。

次があるか分からないし。

次があっても、同じ会社の子みたいに「はい!キミの番!」てことにもなりかねないし。

あ~。

なんだか書いてて悲しくなってきちゃったな~。

ちょっとでもいいから、最初のうちだけでもいいから、男性諸君よ!奢ってくれぃ!

まぁでも、割勘にするならお互いが気持ち良く払える割勘でね。

はぁ~。

割勘でフッタ・フラレタ、一騒動 奥が深きや割勘問題。